縛られない

散骨によって自然に帰る

1991年に「法の規制外である」という見解が関係省庁から出されて以来、散骨は新しい葬儀の形として注目され始めました。墓地の不足や取得価格の高騰、核家族化等による後継者問題など、社会的な問題を解消する方法としても、散骨の有用性が言われています。最近では海洋散骨を請け負う専門業者などもあり、自然葬と言う言葉も定着しつつあります。新規に墓地を取得すると、永代使用料や墓石などを含め、300万円程度の費用がかかると言われます。例えば海洋散骨ですと、船のチャーター代も含めて20万円前後で済み、もちろん永代使用料はいりません。費用を抑え、後継者問題も気にせずに済むと言うのが、散骨の最大のメリットと言えます。

自然葬を行いたいと思ったら

海にしろ、陸地にしろ、散骨は自然葬の一つと言えます。一般の葬儀を行う葬儀社では、自然葬を取り扱っている業者は皆無と言っても良いでしょう。では行うためにはどうするかというと、散骨などの自然葬を専門に扱う業者に依頼します。専用の船をチャーターしてくれる業者、散骨場所を確保している霊園など、事前に情報収集をしておきます。粉骨した遺骨を屋外に安置し、風に任せて行う葬儀を取り扱っている霊園もありますので、望む形の自然葬を行ってくれる業者選びが可能です。自然葬の多くは、喪服ではなく平服での参列がマナー違反になりません。供物も供花も必要ではありませんので、故人の好きだった花を用意して参列しても問題ありません。自由で、故人の人柄を偲ばせる葬儀ができる。それが自然葬です。